f:id:torikura:20170903205420j:plain

引き続き、機能について提案させていただきます。
卑しくも先進国に住んでいるのなら部屋にカーテンぐらい付いているのが当たり前ですというお話をしているのかも知れません。
前回、カーテン導入の前にまずは窓周辺の寸法を把握しておきなさいよと申し上げました。
季節に合わせたカーテンを使いましょう。

遮光性やプライベートの保護、防音などの役目に変化はありません。
しかし、季節の変化による使い分けは必要です。
温度の変化があるからです。
窓及び窓ガラスは室温の変化に密接に関わっています。

夏は日差しをカットして温度が上昇するのを防ぎ、冬は暖房で温まった室温が窓から逃げていくのを防ぐことでエアコンの効果を支えます。
その結果、毎月の電気料金を抑制することに繋がります。

きちんとカーテンとしての役割を果たし、それでいて一人暮らしの生活サイクルに問題無く組み込めるような機能的なカーテンの使い方を色々と試してみました。
その中で鳥倉が最終的にこれやなと思うたヤツを言うてみたろと思いまんねん。

続くでっせ。